トップ>スポーツ医科学レポートトップ

<編集・発行>
(財)岐阜県体育協会
スポーツ医科学委員会
岐阜市長良福光大野2675-28[岐阜メモリアルセンター内]
TEL 058-297-2567
FAX 058-297-2568

スポーツ医科学レポート

選手に必要なアドバイスとは?
鈴木 壯(岐阜大学教育学部)

 我々スポーツカウンセラーのところを訪れる選手の多くは、「試合で実力発揮できないのでメンタルトレーニングを教えてほしい」、「心理面のアドバイスをしてほしい」と訴えます。それに対して、彼らの話をじっくり聞いてみると、表面上で訴えていることと、本当に相談したい内容が異なると考えられることが多くあります。意識的には競技上での自分の問題(課題)を乗り越えたいために、「メンタルトレーニングを教えてほしい。心理面のアドバイスがほしい」と訴えるのですが、それが実は彼らの人格上の課題や発達上の課題を達成するにはどうしたらいいか、ということについての相談であるように感じられることが多いのです。それらについて彼らも意識しているわけではないので、表面上は、たとえば、「試合で実力発揮できない。それを何とかしたい」、「あがらないようにしたいから、心理的なアドバイスをしてほしい」などの訴えとなるわけです。ですから、そういうときには表面上の訴えの背後にある心理を読み取ることができるかどうかが問題となってきます。実際の訴えと背景にある課題が異なるときには、良かれと思ってアドバイスしたり、心理トレーニング技法を教えたりすることは、かえって選手を傷つけたり、ますます苦しめたりすることになるときがあります。一般には、「実力発揮するにはどうしたらいいか」と訴えて来談した選手に対して、「ポジティブに考えてプレイすると良い」、「結果を考えずにそのときのプレイに集中すると良い」、「明確な目標を設定すること」などのアドバイスをすることが、その状況では適切な解決法を指導・助言することである、と考えられます。しかし、それらが、外見上は適切であっても、本当に困っている選手にとって、そういったアドバイス(指導・助言)では、一時的には解決できたとしても、長期的には効果的でないことがあるのです。ですから、その解決法を教えたり、心理面のアドバイスをすれば良いというわけではないのです。かえって、そのアドバイスが、「その状況にふさわしいやり方を教えてもらっても、それができないほど自分は駄目なんだ」と思わせることがあり、そうなるとかえって選手を苦しめてしまうことになるのです。そうすると、訴えの背景にある心理を感じ取り、それに対して支援するにはどうしたらいいのかを考えねばならなくなってきます。そのためには、彼らの訴えにじっと耳を傾けるだけしかできないかもしれません。しかし、それは表面上は何もしないように見えても、彼らの伸びようとする力を損なわないように、それを生かすような支援となります。このようなことは、我々カウンセラーだけでなく、指導者にも必要とされることではないでしょうか。
 このように考えたとしても、アドバイスを求められる方からすると、何とかしてあげたい、何か言わないといけない、と思って、何かアドバイス(指導・助言)しなければいけないと考えるのが当然かもしれません。そういった真面目な人がスポーツの指導者には多いようです。しかし、それが本当に選手のためになることなのか、考えてみてもいいように思います。真面目さがいけないというわけではありませんが、たとえば、相談を受けたとき、選手が語る相談内容を聞いて、彼らのことが心配になり、何かモヤモヤした気持ちになり、何とかしてあげたいと思い、そのモヤモヤする気持ちを解消するために助言をしてるかもしれません。目の前にある問題をとりあえず早く片づけたいために助言してるかもしれません。そういったとき、相談に来た選手にためになるにほどうしたらいいのか、本当によく考えてみる必要があります。また、選手によっては、指導者からのアドバイスによって、その指導者の心配してくれる気持ちや不安感を敏感に感じ取って、ますますどうしたらいいのか苦しむこともあります。あるいは、そういった助言がかえって選手の依存性を強めたり、傷つけてしまったりすることがあるでしょう。そう考えると、実際の技術的な指導はしつつも、選手が語ることに黙って耳を傾けることしかできなくなります。
 それは、カウンセリングでやってるように、選手と共に悩み、考えながら、選手自身が自分で自分自身の問題点(課題)発見し、乗り越えていけるような支援をしていくことになると思います。このような選手のことを考え、関心を持ちつつ、表面上は何もしないで、ただ選手の語ることを彼らの身になって聴くこと(共感)は、すぐアドバイスするよりもかなりエネルギーの必要なことです。しかし、そういうことを経た後にするアドバイスは、選手にとって、さらに成長をもたらすような自己発見的なものとなることは間違いないことです。
Copyright(C) 1997 SPORTS GIFU
more information & question
spojo@gifuspo.or.jp