トップ>スポーツ医科学レポートトップ

<編集・発行>
(財)岐阜県体育協会
スポーツ医科学委員会
〒500 岐阜市藪田南2-1-1 岐阜県民体育館内
TEL 0528-274-3043

スポーツ医科学レポート

スポーツとバイメカ:素朴な疑問を解決するために
 
喜久生 明男(きくいけ整形外科)

 スポーツ科学トレーニングセンターではバイメカ部門があります。そこでは人の動きを科学の目でとらえ、スポーツ動作を分析しています。動作を超高速カメラで撮影して1/750秒の動きを観察したり、三次元動作分析装置を用い、自分の知りたい部位の動きを立体的に再現したり、床反力計では体の重心移動や足(立っているときは)の前後、左右、上下の3方向の力のかかり方を知ることができます。また、筋電図では筋肉の働きのタイミングや強さを知ります。これらを同期することで同じ瞬間に色々な部位の働きを色々な面から知ることが出来るのです。
 一流選手と初級〜中級の選手の動作はどう違うのか。どこに差があるのか。どうすればいい動きができるのか。こんな質問に答えを出せるかもしれません。今までは経験者の経験的な判断で指導を行っていました。もちろん経験者の指導は間違いではありませんし、経験と勘が、いい指導者といわれる人ほど素晴らしいことは分かっています。しかし、なぜ、どうしてについてははっきりと言えない事が多いと思います。こんなとき動作分析ではこのはっきりとしない部分を明らかに出せるのかも知れないのです。言葉を変えれば、頭でイメージしているアナログデータをデジタル信号に変換するようなものだと思います。視点がかわると見えなかったものも見えてくると思われます。
 スポーツ科学トレーニングセンターではスポーツ選手の体力を測定するだけでなく、全国に先駆けた測定機機をそろえてこのような動作分析も行っています。先日の第20回岐阜スポーツ医学研究会(平成9年2月)では著者やスポーツ科学トレーニングセンターの濱茂樹氏らの女子ホッケー選手のヒット動作分析の結果が報告されましたが、スウィング速度とボール速度、体幹と手足の筋力との関係を調べたところ、スウィング速度とボール速度との関連は予想どおりの正の相関があり、またスウィング速度と体幹屈曲筋力との関連も正の相関がありましたが、ボール速度はいずれの筋力とも関連が認められませんでした。すなわち、スウィングが速ければボールも速く、スウィングを速めるために体幹の屈曲筋力を鍛える必要があることが分かった訳です。また、筋力がつけばスウィング速度が上がるものの、筋力がつけばすぐさまボール速度が上がるとはいかないようでした。そこには芯に当てるとか、当てるタイミングとかの技術的な要素がからんでいるようです。
 動作分析をすればすべてが解決する訳ではありませんが、何を知りたいか、どこが問題なのかという動作分析の目標があれば強い味方にできると思います。よい指導者は選手のちょっとした動きで選手の能力を見抜いてしまいます。よい指導者の卓越した目と科学の目とがドッキングできれば選手の能力開発に役立つと考えられます。指導者に「なぜ」、「どうして」という疑問があれば、是非スポーツ科学トレーニングセンターのバイオメカニクス部門で相談して下さい。科学の目を利用して少しずつ競技力向上に役立てない手はありません。

Copyright(C) 1997 SPORTS GIFU
more information & question
spojo@gifuspo.or.jp