トップ>スポーツ医科学レポートトップ

<編集・発行>
(財)岐阜県体育協会
スポーツ医科学委員会
〒500 岐阜市藪田南2-1-1 岐阜県民体育館内
TEL 0528-274-3043

スポーツ医科学レポート

不安や緊張とスポーツの成績との「逆U字」関係

鈴木壯(岐阜大学教育学部)

 スポーツでの競技成績には心理面の影響が多く見られるようです。そのため、何人かの選手が安定した心理状態を生み出し、良い競技成績をあげようとメンタルトレーニングを実施しています。本稿では、その実際のトレーニングをする前にスポーツ心理学の知識として知っておくべきものの一つとして、不安・緊張とスポーツの成績との関係を紹介したいと思います。
 さて、競技場面で選手はストレス(プレッシャー)がかかると不安や緊張が生じ、それらが彼らを苦しめるものであるとき、それらを和らげたい、なくしたいと考えるときがあります。でも、よく考えてみると、不安や緊張は和らげたり、なくしたりすれば良い、というものではないことに気づきます。それは、何か不安があるために、それを乗り越えようとして頑張るとか、あるいは、緊張しているからかえって身が引き締まって頑張れた、というプラスの影響があるからです。どうやら、大事な事は、不安や緊張があるかないかではなく、プラス、あるいはマイナスの影響がどの程度で生じるかということのようです。そのことについて、不安や緊張が中程度のとき行動の効率が最も良く、それによって良い成績があげられ、それ以下でも以上でも成績は低下する、という関係が知られています(図1参照)。この緊張と運動の効率・競技成績との関係を「逆U字」関係と言います。線の形が英語の「U]を逆さにしたものと似ているから、このように呼ばれています。これは、緊張や不安は低すぎても高すぎても良い競技成績を残すことが難しい、ということを示しています。このことから、競技場面で指導者は、選手がどんなときに緊張や不安を増すか、そして、それらを適度なものにするにはどのような働きかけをするべきかを考えた方が良い、ということが言えます。たとえば、接戦が予想される試合や大事な試合などの前は、ほとんどの選手が緊張することが予想されます。あるいは、日常生活で不安の強い選手は、そういうときにはよけいに不安が強くなるがゆえに、見かけ上はかえってやる気がなさそうに見えることがあるかもしれません。そういった場面で、コーチが彼らに気合いを入れるために大声でしかりとばすことは、かえって彼らの緊張感や不安感を増し、りきみやびびりの原因をつくり、プレイにマイナスの影響が出ることが予想されます。また逆に、自信満々で不安がないときは、かえって気分がのらないで、普段どおりのプレイができないというときも考えられるでしょう。このようなとき、指導者も選手も不安や緊張を中程度に保つ工夫を考えないといけないのです。
 また、この「逆U字」関係は課題の性質や難しさの程度によって少し異なるということも考えておかねばなりません。つまり、難しい課題では、行動の効率が最も良いのは不安・緊張が比較的低い水準であり、やさしい課題では緊張の比較的高い水準で最高の成績があげられることが知られているのです。
瞬発的なパワーを必要とする種目や競技場面は、技術的には「やさしい課題」と考えられますので、比較的高い緊張水準で良い成績をあげられることが考えられます。また、一般の選手が遂行するのが難しいと考えられる種目やプレイにおいて、技能習熟が進んだ上級者がそれを遂行するときはやさしい課題となるので、彼らは高い緊張水準の方が良い成績をあげられると言えるでしょう。一方、比較的低い緊張水準が適切であると考えられるのは、ゴルフ、射撃などの細かな調節や正確さが必要な種目や、初心者の段階です。初心者の段階では、選手に怒り過ぎたり、あれこれ注文することはかえって緊張感を増し、悪い結果を引き出すようです。
 以上のように、緊張・不安と競技成績との関係は、技能レベル、競技種目、競技状況によって異なってきます。指導者は「選手のために」という気持は常に変わらなくても、どこでも誰にでも同じように働きかけていくことは良いときと悪いときがあり、場面場面でやり方を工夫していかなければならないようです。 次に、逆U字関係で示された、緊張が高くなると成績は低下する、ということはなぜ起こるかを少し考えてみましょう。それについての説明はいくつかありますが、「注意力の容量」が限られているという理論があります。理論そのものは少し難しいので省略しますが、つまるところ、選手はたくさんのものに注意を向けても、それらを一時に処理できるものではなく、運動場面で用いることのできる注意力の量は限られている、ということです。選手が無心に当面する競技場面に心を向けているときは、この有限の注意力は運動の実行のために使用でき、また、そういう状態を持続できれば理想的なわけです。それは、俗に言う「無心で競技に集中している状態」を生み出します。しかし、緊張や不安が高まった状態では、「大丈夫かなあ」「負けるんではないか」「ミスして怒られるんではないか」などのプレイ以外のものに注意が向いてしまい、そうした考えにとらわれて、限られた注意力の容量の一部をそれに取られてしまうことがあります。そのため、運動の効率が悪くなり成績が低下することにつながるというわけです。

参考文献
市村操一(著書)(1993)「トップアスリートのための心理学、同文書院」

Copyright(C) 1997 SPORTS GIFU
more information & question
spojo@gifuspo.or.jp